やみつき♪のり塩シャカシャカ大豆

お酒のつまみや、お子さんのおやつに大豆タンパクを!

蒸し大豆を揚げ焼きにして、塩と青のりでシャカシャカ味付けしただけの簡単メニューです

主な食材の栄養素と期待できる効果

食材 栄養素 期待できる働き
大豆 タンパク質 体をつくる、免疫力向上
貧血予防、冷え性改善
イソフラボン 更年期障害軽減、骨粗鬆症予防
ビタミンB1 疲労回復、ストレス緩和、冷え性
ビタミンB2 美容、美肌
ビタミンB6 美髪、美肌、月経症状の緩和
葉酸 貧血予防、免疫力アップ
サポニン コレステロール低下、中性脂肪低下、血栓抑制、肝機能改善、ダイ冷え性
食物繊維 デトックス、便秘改善
レシチン 認知症予防、動脈硬化予防、ダイエット、美肌

作りやすい分量

乾燥大豆 45g
米粉 大さじ2
米油 大さじ6〜7
青のり 適量
適宜

作り方

  1. 乾燥大豆を流水でよく洗い、たっぷりの水に一晩浸します。(大豆は吸水すると約2倍の大きさになります)
  2. 蒸し皿(またはざる)に大豆を広げて、蒸し器のお湯を沸かします。沸騰している状態で蒸し皿を蒸し器にセットして中火で約1時間を目安に蒸します。(水滴落下防止の布巾は不要です)途中でお湯がなくならないように注意してください。
  3. 蒸しあがった大豆を取り出し、広げて人肌に冷まします。冷めたら米粉をまんべんなくまぶします。
  4. フライパンに米油を熱し、きつね色になるまで揚げ焼きします。
  5. ざるに大豆を取り、塩と青のりをまぶして出来上がりです。

ひとことおいしくなるコツ

  • 蒸し大豆は冷蔵なら3〜4日、冷凍なら2〜3ケ月保存可能です。まとめて蒸し大豆を作っておくといいでしょう。
  • 茹でた水煮大豆でも代用できますが、大豆は茹でると味や栄養素が茹で汁に溶け出してしまいます。蒸し大豆の方が甘みや旨味があります。

この記事をかいた人

椎名 由起子

人生を豊かにする栄養士、しいなゆきこです。
いつも、健康館「冷え性改善レシピ」をご覧くださりありがとうございます!
私たちのカラダは、私たちが食べたものでできています。
毎日のお食事の積み重ねが、未来の自分のカラダをつくります。
自分自身や大切な人・家族のために、豊かな人生を送るための食生活をご提案しています。
(取得資格)栄養士、食生活アドバイザー、フードコーディネーター、ガス設備士
(活動内容)レシピ配信・監修、メニュー開発、講師、料理研究家

ABOUTこの記事をかいた人

椎名 由起子

人生を豊かにする栄養士、しいなゆきこです。
いつも、健康館「冷え性改善レシピ」をご覧くださりありがとうございます!
私たちのカラダは、私たちが食べたものでできています。
毎日のお食事の積み重ねが、未来の自分のカラダをつくります。
自分自身や大切な人・家族のために、豊かな人生を送るための食生活をご提案しています。
(取得資格)栄養士、食生活アドバイザー、フードコーディネーター、ガス設備士
(活動内容)レシピ配信・監修、メニュー開発、講師、料理研究家